息抜きも大切~社会福祉士の勉強を乗り切るためには~

専門学校の内部に迫る<素敵がいっぱい>

息抜きも大切~社会福祉士の勉強を乗り切るためには~

男の人と女の人

楽しみながら学べる

新潟にある専門学校へは少なくても20~30名の生徒がいるので、勉強だけでは息が詰まってしまいます。しかし、学園祭、スポーツ大会、クリスマスパーティー、修学旅行などのイベントがあればウキウキしながら社会福祉士の授業を受けることができるようになるでしょう。

充実した設備

専門学校内にはハートクリニックと言われる場所があり、新潟で実際にある病院の待合室の作りになっています。ですので、学校を出てからすぐに就職をすることになったとしても、戸惑うことがなく働くことができるのです。他には、ラウンジがあり、そこではクラスメイトや先輩、後輩とじっくり話をすることができるようになっています。ですので、社会福祉士の内容で躓いていることがあるなら、ここで質問をすることもできますし、他愛もない会話をすることも可能になっています。また、コンピューターがびっしりと構えている実習室もあるので、パソコンを用いなければならない授業にも対応しているのです。そして、パソコンが苦手な方でもワードやエクセルの操作方法をいちから学ぶことが可能となっているので、安心することができるでしょう。また、介護を先行したいと思っているのであれば、介護実習室も整っているので、お年寄りを抱きかかえて支える方法や入浴をさせる方法などを実体験することが可能となっています。最後に、家政学実習室であれば、いろいろな段階の介護食を実際に作ることもできるようになっています。

手厚いサポートが魅力

講師が一丸となって専門学校を生徒に卒業してもらうためにバックアップしています。例えば、新潟の校外、校内で模試テストを受けることが可能となっているので、社会福祉士の苦手分野を排除することができるようになっているのです。そして、休憩時間や放課後を利用して講師と一対一で悩み事を打ち明けられるスペースも設けているので、不安なことがあるのなら、早めに相談を持ち掛けるといいでしょう。そうすることによって、たったの2年で社会福祉士の資格を習得することができ、現場でも活躍し、お年寄りの健康と笑顔を守ることができるのです。

広告募集中